技能検定

国家資格 技能検定木工塗装1級、2級

IMG_2668.JPG

​木工塗装技能士はどんな資格か?

木材の特色を生かし、なおかつその材料にあった塗料の選択、塗装方法で塗ることが出来るのは、専門の技能士だからこその仕事です。家具・建具を含めた木製品塗装のプロというべき塗師屋といっても、その技術は人によって違います。昭和34年に技能検定制度が確立されましたが、これは働く人の技術を一定の基準によって検定し、国として技術の程度を公証する制度です(旧職業訓令法、現在は昭和60年に改称された職業能力開発促進法)。木工塗装作業の場合、一定の受験資格を満たした上で、実技試験と学科試験を受けます。学科は単に学問的な知識を試験するものではなく、作業の遂行に必要な正しい判断力及び知識の有無を判定するものです。これに合格した人が木工塗装技能士と称する事ができ、国が認めた木製品塗装のプロ中のプロということになります。

実施時期や受験までの手順など

塗装技能士は塗装技術を認定する国家資格です。

検定試験は「木工塗装作業」、「建築塗装作業」、「金属塗装作業」、「噴霧塗装作業」、「鋼橋塗装作業」の5種類の専門分野に分かれています。

木工塗装作業には、1級及び2級の等級があり、技能検定における実技試験と学科試験の両方に合格したものに資格が授与されます。

1級は上級技能者、2級は中級技能者と位置づけられております。

2020年の検定につきましては中止となりました。

開催時期、申込み方法などは下記をご覧ください。

中央職業能力開発協会 HP

クローバーの葉

This homepage was opened on May 28,2020.

©2020 by 東京木工塗装技能士会。Wix.com で作成されました。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now